韓国子供服のカーディガンは安カワ!

ガーリーで高級感のあるカーディガン

これは一部の服ですが、韓国子供服のカーディガンはこのように幅広いデザインがあります。

これらが数百円台〜3000円台で提供されています。

 

韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン韓国子供服 キッズカーディガン

 

韓国子供服のカーディガンについてご存知ですか?

 

「韓国子供服のカーディガンは安カワ!」を覗いて頂きありがとうございます。

 

このサイトでは韓国子供服と日本子供服のカーディガンについて、
メリットだけでなくデメリットについても書かせてもらっています。

 

どちらの子供服も比較した上で、春、秋、冬には必須のカーディガンアイテムを有意義に着用して頂けると幸いです。

 

韓国子供服と日本子供服のメリット・デメリットは以下のようになります。

韓国子供服のメリット・デメリット

韓国子供服のメリット

韓国子供服 カーディガン メリットガーリーからエレガントまで幅広いデザイン
まず一番の特徴としては、日本では見られないような斬新なデザインからガーリー・エレガント系のデザイン、カジュアルなデザインと幅広いということです。着用させるからには「かわいい!」とか、「すごい!こんなデザイン見たことない」とか他とはかぶらないデザインが良いですよね。これは、韓国子供服の一番の特徴だと思います。

 

韓国子供服 カーディガン メリット日本の子供服と比べて価格が安い
これは多くの消費者にとっては嬉しいことですね。韓国子供服の多くは、他と比べて価格が安いのも特徴です。「これ買いたいんだけど・・」と思っている人の多くは「価格」が邪魔をしているはずです。韓国子供服ならこれまでの子供服と比べて価格がリーズナブルな服が多いので買いやすいです。

 

韓国子供服 カーディガン メリット価格が安いので種類が揃えやすい
カーディガンは1着、2着程度あればいいやと考えている人はいいのですが、できるだけ多く揃えておきたい人にはすごくメリットがあります。子供服は今つけているサイズでも、一年後にはサイズアウト(サイズが小さくなってつけられなくなる)事はよくありますが、価格が安ければそこまで痛手もありません。

 

韓国子供服のデメリット

韓国子供服 カーディガン デメリット服の「あたり」「はずれ」が存在する
韓国子供服には「あたり」「はずれ」があって、服の中には作りが粗いものもあります。これはネットショップ全般に言えることでもありますが、画像で見ただけでは良質なものかは判断がつかないものなので、事前に「あたり」「はずれ」が分かりません。

 

韓国子供服 カーディガン デメリットサイズが日本の規格と異なる
日本の子供服に慣れている人は、韓国子供服のサイズ規格は難しいです。主に、3号(90cm)、5号(90cm)、7号(100cm)、9号(110cm)、11号(120cm)、13号(130cm)、15号(140cm)と表記されている事が多いのですが、子供が日本サイズで100cmだからと言って韓国子供服の3号(100cm)がピッタリという事でもありません。かと言って、3号(100cm)がピッタリの韓国メーカーも存在します。これはなぜかと言うと、「韓国でサイズ規格が統一されていない」というのが原因らしいです。そのため、購入する時はサイズ表をみてしっかり判断する必要があります。

 

韓国子供服 カーディガン デメリット商品の到着までが遅い店舗もある
海外から発送するネットショップの場合は、届くまでに時間を要するものもあります。これは、韓国から直接発送するネットショップの場合で、既に日本で在庫を持っているネットショップは問題ないようです。

日本子供服のメリット・デメリット

日本子供服のメリット

日本子供服 カーディガン メリットしっかりとした作り
日本の子供服の一番の特徴は、縫製技術の高さ、サイズ規格が統一されているので、韓国製と比べると「安心して購入しやすい」という点です。もともと細かい技術に関しては色んな分野で日本一なのでそこは誇らしさと安全性を感じますね。

 

 

日本子供服 カーディガン メリット中にはこだわりがある生地も
日本の子供服の生地では、その編み方までこだわった生地もあります。例えば「天竺」とうものはTシャツでよく使われる編み方なのですが、適度な伸縮性があって、丈夫で、身体にフィットするのが特徴です。このように、どんなつけ心地が良いかという事も考えたうえで、色んな編み方が存在します。

 

日本子供服のデメリット

日本子供服 カーディガン デメリット価格が高いものが多い
これは日本子供服のメリットを提供するためには仕方ない事でもあると思います。良いものを提供するために価格設定が高めな服が多いのですが、多くの消費者にとっては悩みのたねですね。でも、子供服のサイズの事や生地にこだわる人にとっては、高めでも購入する価値を感じる人もいると思います

 

日本子供服 カーディガン デメリットデザインの幅が狭い
デザインまでこだわってしまうと、さらに高い金額になってしまうからなのかまでは分かりませんが、韓国子供服と比べるとデザインの幅やデザイン性までは劣ってしまいます。もちろんデザイン性が高い服もありますが、そのような服ほど価格もそれなりにします。

 

韓国子供服